photo breathing -フォトブリージング-

ATOM

twitter:macorisu

Facebook:macorisu

標準レンズ~再考その1~2013.12.15

このブログ以前からも何回か書いている標準レンズについて。
やっと私の中で1つの答えが出たらしい。

EOS 6Dを購入してからの標準レンズとして、
CarlZeiss Planar 50mm F1.4 T*をマウントアダプターで付けてました。

絞込み測光→絞り開放でピント合わせ→絞りを戻して撮影

とマニュアル感満載な撮影を楽しみ、
その写りも開放の独特な甘さと2段以上絞った時のシャープさを楽しんでいました。

が、今後の事を考えてもスピーディなAE・AFでの撮影は増えるだろうと。
50mmという標準レンズについて再考していました。

そこで購入したレンズがこちらです。

標準レンズ~再考その1~EF 24-70mm F4L with EOS 6D

CANON純正のEF 50mm F1.4 USMです。
大きな理由としては3つ。

1つめ。
色が好き。
やっぱりCANONのレンズの色が好きなんです。

2つめ。
USM(UltrasonicMotor)、超音波モーターです。
AFが速いだけではなく、シングルAFの後にマニュアルフォーカスができる技術です。
AFポイント以外にピントを合わせたい事が多い私には必要なのでした。

3つめ。
絞りによる変化。
最近のレンズは絞り開放からシャープでコントラストが高いんです。
それはとても技術が高く素晴らしい事なのですが、
逆に味気なく感じてしまって、面白くないのです。
さらに言えば、絞りによる変化があることでレンズの特性を考慮して撮影できる、
そんなスキルも身に付けられると考えています。

とまぁ、小難しいことを述べてしまいましたが、
様は新しいレンズを買ってはしゃぎたいのですw

今日は少しですが、作例も撮ってきたので、再考は続くと思います。

そしてお気づきだとは思いますが、
その他のレンズ・アイテムも増えちゃいましたw
そのお話もまた後日♪